Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

黒酢

黒酢というのは米や大麦を原料とする黒色の酢だそうです。沖縄や鹿児島で、およそ1~3年かけて長く熟成させて造られているそうです。長い熟成で麹菌や乳酸菌の作用が進んで旨味や香りが強くなるそうです。アミノ酸の含有量が増えることで琥珀色になるといわれているそうです。黒酢の定義というものがあるそうです。「原料として米または米に小麦もしくは大麦を加えたもののみを使用し、酢1lにつき180g以上の原料を使用し、かつ、発酵・熟成によって自然に褐色または黒褐色になったもの」(農林水産省)。酢は殺菌効果や食欲増進の作用があると一般的にいわれているそうです。ビタミンCを破壊する酵素を抑えるといった効用をさまざまに持つことでも知られていると思います。黒酢の色素には有機酸やビタミンCなどの水溶性ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などの有効成分が多く含まれているそうです。黒酢にはヒトのからだでは合成できない必須アミノ酸が含まれているそうです。からだの代謝をコントロールする作用や神経を安定させる働きが期待できるそうです。コレステロールや中性脂肪、血糖値を調整する働きが報告されているそうです。美しい肌をつくるというのも黒酢に含まれるアミノ酸にはいわれているそうです。メラニン色素を防ぐシステインは色素を防ぐということで、シミ予防が考えられているそうです。トリプトファンやチロシンは成長ホルモンの分泌を促すそうです。そのことからアンチエイジングにも貢献するといわれているそうです。天然保湿因子の主成分・セリンや抗酸化作用のあるクエン酸、保湿作用があるグリシンなどといったものが肌に働きかけて美しさを保つといわれているそうです。

リフレの実態

女子高生らが接客するお店は、2017年の時点で114店にのぼり、そのほとんどは都市部に集中しています。このデータは警察庁の調査を基にしたものですから、実際はそれ以上にのぼる可能性もあります。この種のお店は「リフレ」と総称されており、女子高生が客にマッサージを施したり、一緒に寝たりするサービスを提供しています。身体的接触はあるものの、表向きは性行為を禁止しています。しかし客の中にはそれを目的に訪れている人もいて、警察はその危険性を喧伝しています。警察が定義する「女子校生ビジネス」とは、女子高生が接客することを謳ったり、彼女たちがコスプレを着用して従業したりする店舗の営業実態を指します。ほとんどが東京と大阪にあるものの、地方でも増加しており、今後の動向が注視されることは間違いありません。
 営業形態は店舗型がほとんどですが、無店舗型も全国で42店舗に上ります。「リフレ」の中では、マジックミラー越しに従業員の女子校生を見せるサービスが展開されており、そこから援助交際等に発展する可能性は否定できませんし、実際に生じているだろうと推察されます。他にもアルコールを除いて食事と会話を提供する、キャバクラ紛いのお店や、女子校生スタッフとデートして疑似恋愛を楽しむことのできるお店等も存在し、そのサービスの種類も既に多様を極めています。
警察は「リフレ」に対して手を拱いているわけでもなく、最低限の取り締まりは行っています。18歳未満の女性スタッフと客とが性交したケースでは、児童福祉法違反の容疑で逮捕者が出ていますし、違法営業の名目で摘発した事例もあります。

チョコレートの甘い罠

最近、チョコレートなどのパッケージにも表記されている「ギャバ」ですが、いったい何者なのでしょうか。「ギャバ」は、アミノ酸の一種なのだそうです。中でも注目されている「ギャバ」の成分は、「抗ストレス」です。ストレスを緩和させたり、興奮を鎮め、リラックスを促すような効果がるようです。現代人には、とても大切な成分のようですね。チョコレートに含まれる成分のほかには、玄米やぬか漬けなどにもその成分がみられるようで、私自身も一時期は、玄米を発芽させる事で、「ギャバ」の摂取を試みていた事がありました。玄米を水に浸しておくと、芽のようなものが出てくるのですが、気温によってその発芽速度は異なってくる為、丸1日必要な時もあれば、2日ほど水に浸しておく事もあります。場合によっては、炊飯器の保温機能やヨーグルトメーカーの機能を利用して、発芽を促すような方法を利用する人々もいますが、皆さんもご興味がありましたら、一度、玄米を水に浸して、しばらく置いてみて下さい。玄米の一部から、ちょこんと芽のような突起が出てくると食べごろです。このような発芽玄米には、天然の「ギャバ」が豊富に含まれているようなのです。「ギャバ」は、脳の血流を活性化させたり、脳の細胞の代謝を促したりするような報告がされ、さらに血液中のコレステロール値の調整や、中性脂肪濃度を改善する事から、肥満や糖尿病の予防にも期待が寄せられています。ですが、やはりサプリメントなどでの大量摂取は、血圧が上昇したり、リラックス効果や、抗ストレス作用が、逆に不安をあおる材料とされるようなデータもるようです。チョコレートなどに含まれていると、ついつい、健康チョコとして、甘い物を食べる後ろめたさが軽減され、食べ過ぎてしまうこともありますが、何事にも限度があるという事ですね。美味しいからといって食べ過ぎには、くれぐれも注意が必要です。

「セリ」と田園風景

以前は、田んぼのあぜ道などでよく見かけた「セリ」ですが、最近は、めっから食卓から遠のいてしまったような気もします。「セリ」は、春の七草の代表として知られていますが、その他には、すき焼きなどでも、その独特の香りが食欲をそそる香味野菜です。最近は、「セリ」どころか田んぼ自体も、都市部からその姿が消え去りつつあるので、「セリ」のある田園風景などというものは懐かしい田舎の風景と言うイメージの中に消え去ってしまったのかもしれませんね。「セリ」は、古来から薬用や食用とされ、その存在は、古事記や万葉集の中にも残されているようです。民間療法として、生のセリを青汁として飲むと、便秘や風邪解熱の効果などがあると言われていたようです。また、入浴剤などとして、乾燥させたセリを入れることで、リウマチや、肩こり、神経痛などに、効果があるとされていたようです。また、煎じて飲むことで、高血圧や、便秘などにも対応があったようです。一般的には春の七草として知られていますが、その他には、軽くお湯にさらし、おひたしや、白和え胡麻和えなどでも大変美味しく頂きます。また。天ぷらやかき揚げなどでも楽しまれています。

銭湯のひととき

最近、街中から銭湯の姿が消え去ってはいますが、その代わりにスーパー銭湯なるものが増えつつあるような気がしています。銭湯よりは、少し値が張るのですが、様々な変わり湯や、サウナなどが充実しているので、その分、丸1日スーパー銭湯で過ごすような休日も良いのではないでしょうか。また、フードコートなどの設備も館内に併設されていますので、お風呂に入って、食事をしてビールを飲んで、少し休憩してから、さらにお風呂に入るなどといった形で、2度湯、3度湯を楽しむこともできます。ですが、内湯、外湯というような感覚で、楽しむ銭湯とは、やはり、感覚的に異なる部分もあり、銭湯の気軽さや、銭湯の短さというのは、やはり捨てがたいものであるなと感じております。内湯として、自宅のお風呂も良いですが、銭湯ならではの高い天井や、広い脱衣所など、裸のありのままの自分を解放するには、うってつけの場所であります。広い湯船に浸かることで、肩こりや腰痛などが、どこかに消えてしまうような感覚が感じられます。また、近所のおばさんや、おばあちゃんの話し声も、とても心地よいBGM として銭湯にはなくてはならないものです。最近では、タトゥーを入れている若者も多いので、なかなか銭湯などが出入りする機会も減ってしまっているのかもしれませんが、銭湯は、街から消えてほしくないものの一つであるかもしれ ません。

アロマの癒しと肩こり

「肩こり」を、アロマオイルで緩和している人たちもいるようです。「アロマセラピー」と呼ばれる植物から抽出した精油を使い、人間本来の自然治癒力を高めて、心身を健康する自然療法と言われています。精油の香りを吸い込むことで、精油に含まれている芳香性物質を、鼻から吸い込むことで、脳神経から脳の視床下部に伝わりリラックスを促すことができます。また、リラックスすることで、副交感神経が活発となり、自律神経のバランスが整えられるなどと言われています。アロマセラピーは、肩こりだけではなく、様々な体調の不調などに用いられています。肩こりの症状などによって、精油使い分け、また香りのお好みなどもありますので、心地よいと感じるアロマオイルを見つけることが、アロマセラピーの治療にとっては大切なポイントであるようです。アロマオイルは、お風呂などに数滴垂らして、お風呂の蒸気を利用して、香りを吸い込むこともできますし、アロマランプなどを利用して、お部屋を香りで充満させることなどもできます。また、肩こりなどですと、蒸しタオルなどで、温めながらアロマ温湿布などとして使用したり、マッサージをする際に首や肩をアロマオイルでやさしくマッサージすることなどもできるようです。

二足歩行を行う現代人の悩み

肩こりや腰痛は、いつの時代も人々が思い悩む身体的なトラブルの一つであるようです。肩こりは、首や肩背中の筋肉の緊張などが、血流の障害を招き、筋力が疲労した状態などを言うようです。倦怠感やだるさなどの症状があり、慢性的な症状が長期的に続いていると、その症状自体も気づきにくくなってしまったりもするようです。人類は四足歩行をしていた時代から、二足歩行になり、重い腕などを肩からぶら下げて歩くようになりました。また、直立して歩くことで、重い頭部を。首と肩で支えることになり、そのような無理な体勢が、様々な身体の不調を起こしているなどとも言われています。肩こりや腰痛は、二足歩行を行う、人間の宿命などとも言われていますが、正しい姿勢で立つことで慢性的な、肩こりや腰痛を軽減できると考えられています。また、スマートフォンやパソコンの画面を多く見る機会のある現代人は、常に首から肩にかけてが凝っているなどと言われています。長時間同じ姿勢でデスクワークなどを行う際には、定期的に休憩を入れ、筋肉を緩めるストレッチなどを行ってみるのが良いでしょう。

現代人の肩こり・腰痛

長時間スマートフォンで、ゲームを行ったり、パソコンで作業を行っていると、肩や腰にずっしりと重いコリなどが感じられませんでしょうか。筋肉がこわばり、血流が悪くなることによって、肩こりや腰痛などが起こるなどと言われています。スマートフォンやパソコンの作業を行う時には、どうしても前屈みになり、顔を画面にくっつけようとするような動作から、頭の重みがずっしりと筋肉に伝わり、筋肉の緊張状態が長く続いてしまうなどと言われています。肩や腰の凝りを解消するには、筋肉を緩めて行かなくてはならないのですが、リラックスを促すには、ストレッチを行ったり、正しい姿勢をとってあげることも一つの方法でもあります。肩こりや腰痛は、慢性的に続いてしまうと、頭痛や、さらには吐き気、めまいなどを併発することもあります。早い段階、凝りなどの症状を取り除き、正しい生活リズムを心掛けましょう。正しい生活リズムには、バランスの良い食生活、十分な睡眠、適度な運動は欠かす事ができない要素です。

長年の生活習慣を見直ししてみよう

長年の悪い習慣が、皆さんの肩こりや、腰痛を引き起こしている可能性もあります。肩こりや腰痛が、慢性化してしまうと、常に疲労感を感じるなどの、倦怠感を伴う生活を強いられてしまうことなどにもなりかねません。肩こりや洋津の慢性化は、吐き気、不眠などといった、不健康なスパイラルとしての悪循環を生み出してしまう可能性もあります。さらには、肩こりや腰痛を、そのまま放置していると、仕事などのパフォーマンスの低下を招くなどとも言われています。ストレスから起こる、肩こりや腰痛の方も多いようです。ストレスは、自律神経の乱れを生み出し、また、その自律神経の乱れから、肩こりや腰痛が起こるなどとも考えられています。ストレスは、長年の生活習慣が、原因となっていることが多々ありますので、皆さんの多くの生活習慣を、もう一度、見直ししてみるのも良いかもしれません。また、長年の便秘などが解消するとともに、様々な体調不良が解消されたというような方もいらっしゃるようです。今までは当たり前であった、体調不良を、もう一度見直してみることで、日常の中での改善点としてのポイントが見つかるかもしれませんね。