黒酢

黒酢というのは米や大麦を原料とする黒色の酢だそうです。沖縄や鹿児島で、およそ1~3年かけて長く熟成させて造られているそうです。長い熟成で麹菌や乳酸菌の作用が進んで旨味や香りが強くなるそうです。アミノ酸の含有量が増えることで琥珀色になるといわれているそうです。黒酢の定義というものがあるそうです。「原料として米または米に小麦もしくは大麦を加えたもののみを使用し、酢1lにつき180g以上の原料を使用し、かつ、発酵・熟成によって自然に褐色または黒褐色になったもの」(農林水産省)。酢は殺菌効果や食欲増進の作用があると一般的にいわれているそうです。ビタミンCを破壊する酵素を抑えるといった効用をさまざまに持つことでも知られていると思います。黒酢の色素には有機酸やビタミンCなどの水溶性ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などの有効成分が多く含まれているそうです。黒酢にはヒトのからだでは合成できない必須アミノ酸が含まれているそうです。からだの代謝をコントロールする作用や神経を安定させる働きが期待できるそうです。コレステロールや中性脂肪、血糖値を調整する働きが報告されているそうです。美しい肌をつくるというのも黒酢に含まれるアミノ酸にはいわれているそうです。メラニン色素を防ぐシステインは色素を防ぐということで、シミ予防が考えられているそうです。トリプトファンやチロシンは成長ホルモンの分泌を促すそうです。そのことからアンチエイジングにも貢献するといわれているそうです。天然保湿因子の主成分・セリンや抗酸化作用のあるクエン酸、保湿作用があるグリシンなどといったものが肌に働きかけて美しさを保つといわれているそうです。