二足歩行を行う現代人の悩み

肩こりや腰痛は、いつの時代も人々が思い悩む身体的なトラブルの一つであるようです。肩こりは、首や肩背中の筋肉の緊張などが、血流の障害を招き、筋力が疲労した状態などを言うようです。倦怠感やだるさなどの症状があり、慢性的な症状が長期的に続いていると、その症状自体も気づきにくくなってしまったりもするようです。人類は四足歩行をしていた時代から、二足歩行になり、重い腕などを肩からぶら下げて歩くようになりました。また、直立して歩くことで、重い頭部を。首と肩で支えることになり、そのような無理な体勢が、様々な身体の不調を起こしているなどとも言われています。肩こりや腰痛は、二足歩行を行う、人間の宿命などとも言われていますが、正しい姿勢で立つことで慢性的な、肩こりや腰痛を軽減できると考えられています。また、スマートフォンやパソコンの画面を多く見る機会のある現代人は、常に首から肩にかけてが凝っているなどと言われています。長時間同じ姿勢でデスクワークなどを行う際には、定期的に休憩を入れ、筋肉を緩めるストレッチなどを行ってみるのが良いでしょう。