人工授精の種類

人の手を使って、子宮に直接精液を注入することを人工授精といいますが、その種類はさまざまです。

子宮に注入することが一般的とされていますが、体の状態や、精子の状態に合わせて治療の方法を選んでいきます。

人工授精は、精子を注入する場所により呼び方が変わっていきます。子宮腔内人工授精、子宮頸管内人工授精、卵管内人工授精、腹腔内人工授精などの種類があります。

妊娠率については子宮内人工授精が最も高かったという研究結果もあるそうで、卵管膨大部に近いほど確率は高いのではないかと言われています。

しかし不妊の原因が分からないという人に関しては卵管内人工授精が有効ともされていますので、あくまで人によると言えるでしょう。

人工授精が勧められる人の理由は、さまざまです。特に病気が見られなくとも性交渉自体に問題がある、もしくはタイミング法で効果が得られなく体外受精を行うのには抵抗があるという場合などです。他には、子宮の入り口部分の粘液が少なく精子が移動しづらくなっている場合や、そもそも相性が悪く精子が登っていけない場合、子宮内膜症がある場合、卵管に問題がある場合にも有効とされています。あくまで自然妊娠ではできなかった部分を人の手でサポートするという認識です。

女性側だけの問題ではなく、精子に問題がある場合にも効果的です。人工授精を行う前に、精子を遠心分離にかけて、濃度や運動率を改善させることで、妊娠の可能性も上がります。

まずはどこに問題があるのかを確認してから、治療にあたることが大切と言えるでしょう。初めに人の手を介しますが、その後の流れは自然妊娠と同じです。そのため、人工授精を行ったとしても自然妊娠とリスクの差はほとんどありません。

【PLANETER】人工授精を体験した「ぷらねっと」のサイトのトップへ戻る