不妊治療の種類

妊娠を望んでいる男女が一年以上の性行為をしていても妊娠できない、という場合は不妊の状態であると定義しています。

不妊症という症状として呼ばれており、治療を行わなければ妊娠の可能性は低いままと言えるでしょう。では、不妊症の治療には、どのような種類があるのでしょうか。

病気などがない場合、一般的に初めに行われるのが「タイミング法」と呼ばれる方法です。血中値などから排卵日を調べ、妊娠しやすい時期を把握します。

良い時期に合わせて性行為のタイミングを合わせていき、妊娠の可能性を上げていくという方法です。場合によっては排卵を促すための排卵誘発剤を使うという場合もあるそうです。あくまで自然妊娠の手助けをするという不妊治療です。

タイミング法で上手くいかなかった場合、多くの場合は人工授精に切り替わります。方法は、男性の精液を、人の手で女性の子宮内に注入するだけです。子宮腔内に入れるか、卵管内に入れるかなどで工程が変わってきます。

人の手で何かをしているような印象がありますが、実際に行っているのはあくまで手助けだけです。ほとんど自然に近い妊娠方法と言えるでしょう。

次に、体外受精という方法があります。取り出した精子と卵子を体の外で受精させ、子宮の中に戻すという方法です。かつては高度な治療方法と言われてきましたが、現在では医療が進歩して一般的な方法とされています。

体外で受精をさせるときには、精子の力で受精をさせるという方法と、精子を卵子の中に注入して受精をさせるという顕微授精という方法があります。不妊治療の中でも、顕微授精が最も人の手を介した方法と言えるでしょう。治療は、男女双方の状態を見ながら行っていきます。

【PLANETER】人工授精を体験した「ぷらねっと」のサイトのトップへ戻る