女性の行う不妊検査

不妊症の原因を探りたいという場合、男性は一般的に精液検査をメインに行っていきますが、女性は原因を探るのが難しいためにさまざまな検査を行います。

まず行うことは、基礎体温の測定です。女性には月経の周期があります。排卵期には低めの体温であり、黄体期には高めの体温であるパターンが通常と言われています。基礎体温を計ることで、排卵が起こっているかどうか、パターンはどうなっているのか、不正出血がある場合での原因になっているか、などを確認することができます。

次に、超音波での検査です。診察台の上で行い、子宮の形は正常か、子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどの異常が出ていないかなどを調べます。子宮や卵巣を調べることは、不妊治療には必須の検査です。

次に血液を採取した上で、ホルモン関係の検査を行います。卵巣刺激ホルモンや、女性ホルモン、男性ホルモン、プロラクチン(母乳分泌に関わる)、甲状腺ホルモンが含まれます。月経の周期に合わせた検査を行い、最近では卵胞数の測定も行っているそうです。

他には、卵管の状態を調べる卵管疎通性検査があります。検査の方法はいくつかありますが、子宮口にカテーテルという細い管を通し、造影剤を使って観察をする子宮卵管造影法が一般的になっているそうです。子宮内の様子を確認できるので、子内腔の形態をしっかりと判断することが可能になっています。

他には、子宮内に異物がないかなどの確認ができる子宮鏡検査や、体の断面図を確認できるMRI検査などが挙げられます。

発見された病気の進行度合いに合わせて検査を選んでいくことはもちろん、さまざまな検査を複数合わせて行うことで正確さ上がるとされています。特殊な検査は、医師の説明をしっかり聞くことが大切です。

【PLANETER】人工授精を体験した「ぷらねっと」のサイトのトップへ戻る