人生100歳の健康

皆さんは、自律神経のバランスの乱れが、数々の体調不良を生み出していることはご存知ですか?男性は30歳前後、女性は40歳前後に、様々な年齢的な体調不良の兆しが、現れるなどとも言われています。その原因として、自律神経のバランスの乱れが考えられるようなのですが、現代人は、様々なストレスを受けることで、そのストレスから、自分の身を守ろうとします。その際に、自律神経の一つである交感神経が、活発に働くようになっているそうです。そもそも、自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」のバランスによって保たれているのですが、交感神経が常に活発になっていると、リラックスするための副交感神経が、働かなくなり体が緊張したままで、肩こりや頭痛腰痛などが、症状として現れやすくなってしまうのだそうです。また、男性は30歳前後、女性は40歳前後で、様々なメンタル面だけではなく、身体的な衰えや、変化などを感じやすい年代となるようです。このような年代の人々が、若い頃と同じような生活を送っているようでは、様々な生活の壁が生じてくるかもしれませんね。人生100歳、などといわれる現代社会で、心身の健康を伴いながら、年を重ねていきたいものですね。