不妊治療の目安

不妊症は、治療を行わない限り、自然に妊娠できる可能性が非常に低い状態を指します。

妊娠を希望している男女(特別な病気にかかっていない)が、避妊を行わずに性交渉を行うと、多くの場合は一定の期間内に妊娠をします。しかし、ある期間を過ぎても妊娠をしないという場合には、不妊症という診断となるのです。

一般的な考え方では、避妊をせずに男女が性交渉を行っている場合、6ヶ月で7割、1年で9割、2年が経てばほとんど10割で妊娠するとされています。そのため、1年を過ぎても妊娠しない場合を不妊症と定義しています。

病院での検査の有無に関わらず、「結婚をして1年を過ぎても(避妊なしの性交渉を行っているにも関わらず)妊娠をしない」という状態にあれば、誰でも不妊症と言えるのです。

不妊症は病気ではなく、症候群です。何かしらの病名がつくのではなく、一定の症状が出ているという人を指します。ただし、一般に年齢が高い場合には妊娠がしづらくなっているため、女性の年齢が35歳を過ぎている場合には、半年経過後に検査を行うことが認められています。

日本では、結婚の年齢が遅くなっていく傾向にあります。しかし、年齢が高い場合には早めの検査、治療を行うべきと考えられています。

例えば若い男女であれば、不妊の期間が長くても、その後に妊娠する可能性は多く残っています。しかし、年齢が高い場合には不妊の期間が短くとも、後に自然妊娠をする可能性は低くなっています。

女性側に子宮内の病気がある場合や、月経不順が出ている場合には不妊症になっている可能性が高いそうです。妊娠できないということは他の病気の可能性も考えられるため、少しでも不安がある場合には早めに病院で相談をしましょう。

【PLANETER】人工授精を体験した「ぷらねっと」のサイトのトップへ戻る