元気なお年寄りと日本

超高齢社会の中で、100歳まで美しく若くいたいという方は、大変多いのではないでしょうか。年齢とともに、腰痛や肩こりに悩み、背中を丸めて歩くようでは、せっかく長生きできても、人生の楽しみが半減してしまうなどと、考えている高齢者の方が大変多いようです。人生の楽しみを増やすなど、生きがいを増やすことによって、若々しさを保っていたいと考えるお年寄りの姿が増えつつあるようです。スポーツジムなどで体操のお教室に通われたり、おしゃれを楽しむことで御自身の新しい発見を常に探していたり、元気なお年寄りが、日本中のあちこちにに急激に増えているようにも感じられませんか?さらに、ヨガやストレッチ、または自治会のラジオ体操などに積極的に参加されて、体力的にも見た目も、元気でいたいという高齢者の方が増えていらっしゃるようです。お仕事をリタイヤされ、子育ても卒業された方々が、新たなる興味や意識を持って元気にされている姿は何とも頼もしい限りですね。

現代人と老化

人工授精

年齢とともに、肩こりや腰痛が悪化してくるのは、脊椎の組織の変形や、椎間板の水分量の変化なども、関連があるなどとも言われています。椎間板の水分量が減少するとともに、その弾力性が失われつつあることで、頭部の重さや、様々な衝撃を緩和し、クッション的な役割としての機能が、低下する事が考えられています。そのような働きの低下が、首や肩腰などの負担に繋がり、そのようなストレスや負担が、肩こりや腰痛を生み出しているのではないかなどとも考えられているようです。現代の日本社会では、高齢化社会などと言われ、人生100年などの長寿国家としての歩みを進めていますが、人々の健康に対する意識改革は、まだまだ、これから必要であると言えそうです。肩こりや腰痛は、老化とともにやってくるなどと言う考えではなく、健康を維持するための生活習慣などについて、今一度考えてみてはいかがでしょうか。現代人は、便利な社会にいる事で、老化の促進を早めていると考えているような人々もいるようです。

元気なお年寄りの100歳の目標

最近の元気なお年寄りの目標は、100歳まで、元気で若々しく生きたいというような、大変前向きで明るい気持ちを持っておられるようです。いくつになっても人々は、健康であることや美しくあること、周囲の人々から褒められると、嬉しいものですよね。足腰の痛みや、肩こり、腰痛に悩まされ痛いところだらけである人生よりも、先が見え始めた残りの人生、目標を持って前を向いて生きることで人は美しく生きていけるのかもしれません。精神的な元気は、元気な身体に宿るとも言われています。それまでは、スポーツが大の苦手であった高齢者の方々も、元気に老後を過ごしたいという気持ちから、人生初のヨガに挑戦したり、毎朝のウォーキングを日課たり、若い世代の人々をはるかに凌ぐエネルギッシュな高齢者の姿が数多く見かけられるようになりました。長生きしたとしても、病気を抱えている状態では、この楽しみが半減してしまうなどと言いながら、旅行やオシャレなどを満喫し、最近は、バスツアーなども充実しているので、気ままに一人旅なんていうおじいちゃんも、おばあちゃんの数多くいらっしゃるようです。